小道

マグリットの画集を図書館で借りてきて見ていたら、作品に「絵」らしさのようなものがあって、どこか新鮮な感じを覚えました。