美術史から切り離して、絵を絵として考えてみる必要。