6月に父が他界しました。目の前で人が死んでいくところを見て、人が生きているということは、夢のようなことなのだとわかりました。そして、自分にとって父が生きていた世界は、夢のような世界だったのだと、今になって気が付きました。