芸術

いつからか、芸術の真似をし、自分の絵を芸術に当てはめようと絵を描いているような気がします。
すてきな絵が描けますように。
みなさんよいお年を!

神社

伊坂ダム

世界の本質がその中にあるかないかはさておき、絵は人から出るものなので、人を見つめなおそうと思いました。

奇跡ブーム

クマザサ

この目の当たりにしている世界は、本当に奇跡的だと感じます。
今こうして生きている自分に奇跡を感じます。
とくに何かあったわけではなく、ごく普通の毎日ですが。

ボルタンスキー

クリスチャン・ボルタンスキー

クリスチャン・ボルタンスキー

クリスチャン・ボルタンスキーさんの作品を見に行ってきました。もう何年も前に新潟で初めて彼の作品を見た時ほどの感動はありませんでしたが、いい刺激になりました。
‥しかしその感動の差は、どこから来るのかと考えてみると、作品よりも自分によるところが大きいのではないかと思い当たりました。その時の自分の心身の状態や、その作品に出合ういきさつなど。今回、短い時間で義務的に見に行く形になってしまったように思い、美術館へ行く時間だけ作っても心に準備がないというか、そんなことじゃダメだなと最近の自分を省みました。

第1話

佐野洋平展 雲をつかむような話 A Figment of Imagination ギャラリー慧

「佐野洋平展 雲をつかむような話」が終わりました。お越しいただいたみなさま、誠にありがとうございました。絵を気に入ってくださる方もいて何よりでした。作品作りに付随する発表と人のご意見、とても大切に感じます。また、今回、場所を貸していただいたギャラリー慧さんと、DMの制作にあたりデザイナーのMANさんに、とてもお世話になりました。大変忙しいなかで展覧会にお力添えいただき、おかげさまですばらしい展覧会となりました。次回第2話?をお楽しみにー

展示が始まりました

佐野洋平展 雲をつかむような話 A Figment of Imagination ギャラリー慧

佐野洋平展 雲をつかむような話 A Figment of Imagination ギャラリー慧

三角をベースにした絵の描き方は2007年から始めました。その頃からの作品をテーマに沿って抜粋し展示しました。今回の展示に合わせて制作した新しい作品もあります。在廊日は10月19日(水)、21日(金)、23日(日)です。みなさんのお越しをお待ちしてます。

花鳥風月

A Figment of Imagination

新しく作った作品のひとつ。サイズはF50号で久しぶりに油絵の具を使いました。今回から画面にサインを入れています。次の火曜日、10月18日から始まる個展で展示します。この他、2008年以降の作品とドローイングを何点か展示予定です。昨日の新聞の情報欄で展示のお知らせを掲載していただきました。記事に「花や月などを題材に」とありましたが、月の作品は今回ありません。花はあります。自然のことを花鳥風月と言いますが、そんな感覚でひとつお立ち寄りください。