縞石

水のない川を渡って図書館まで。
いい石を探して歩きます。
窯出し市を見ているようでとても楽しいです。
いい石はたくさんあり、選ぶのに苦労します。

 

花を描く絵

花を描く絵/w31.6 x h36.6 cm/アクリル絵具、mdfボート、糸/2008年

 

グループ展PORTRAITへの出品作品のひとつ。
糸のような細い線、次の線はどこに引こうか、思いが空中をさまよう様子。

今はもうありませんが、新宿にユイットというカフェのある素敵なギャラリーがありました。
2008年に、そこで個展をさせてもらった時に作った作品です。

 

cafe ユイット/galleryユイット
cafe ユイット/galleryユイット

 

PORTRAIT

三重県四日市市のギャラリー侶居さんの3周年記念グループ展に参加させていただきます。

portrait 侶居

PORTRAIT
2021.2.6(sat)-2.21(sun)
12:00-18:00
火・水曜 定休日
侶居
三重県四日市市朝日町1-13
※入場料500円(安全上、小学生以下は入場不可)

参加作家
四谷シモン・清家正信・佐々木直喜・栗木義夫・田代裕基・中島世津子ダメーム・沓沢佐知子・佐野洋平・西脇一弘・金子國義・大西佐奈・日出真司

 

窓辺

窓辺/F10 w45.5 x h53 cm/油絵の具、アクリル絵の具、木製パネル/2018年

私たちはみんな
同じ夢を見て生きている。

宝の地図

宝の地図/P3 w27.3 x h19 cm/油絵の具、ペンキ、キャンバス/2020年

Gallery Café 3さんでの展示「性質は景色を見る」が無事終わりました。
今年はウイルスの影響で、予定通りというわけにはいきませんでしたが、そんな状況の中、たくさんの人にお越しいただきました。
気にかけてくださるみなさんから、たくさんの力をもらいまして、また制作に励みます。ありがとうございました。

性質は景色を見る。私という性質、人間という性質、その性質がこの景色を見ている、認識しているという感覚。もの思いにふけっていた2019年のある日に、存在するもの、性質のあるもの、すべてのものごとが、それぞれなりに景色を見ているのだろうと思いあたりました。性質、方向性、心を解釈することで変わった、世界や未来の見え方。その覚え描き、認識のチャンネルのインデックスとしての作品群です。

露草

Instagram、Twitterの運用を始めました。
しかし、SNSはついつい見てしまい時間を費やしてしまうので、注意しなくてはいけません。
インターネット越しではなく、すぐ目の前にある世界を、関係を、しっかりと見つめ、大切にしていきたいと思います。